PageTop
マーケティング活⽤サロン【エルシャーム】

マーケティング活⽤サロン【エルシャーム】

72 view 飲食店
2020.12.23

喫茶店の開業に必要な知識・資格・費用|経営成功のポイント2つ

喫茶店の開業に必要な知識・資格・費用|経営成功のポイント2つ

喫茶店経営を志している人は、喫茶店の開業に必要なものを把握しておくことが大切です。
喫茶店は商品として食べ物・飲み物を扱う業種であり、開業するためにはさまざまな資格や費用が必要となります。

開業間近になって必要な申請をしていなかったと慌てないために、喫茶店の開業に必要な知識・資格などを押さえておきましょう。

当記事では喫茶店の基礎知識から、喫茶店を開業するために必要な資格・申請と費用相場、経営成功のポイントまでを紹介します。

インスタマーケティングツール

 

1.喫茶店を開業する際に把握しておくべき基礎知識

喫茶店を開業するにあたり、まずは喫茶店・純喫茶・カフェの違いなど、基本を把握しておきましょう。言葉のイメージとしては似通っていても、名前が異なると営業形態などに違いがあるため注意が必要です。

以下では、喫茶店・純喫茶・カフェの違いを詳しく紹介します。

 

1-1.喫茶店・純喫茶・カフェの違い

喫茶店・純喫茶・カフェの違いは、提供するメニューをイメージすると分かりやすくなります。それぞれの違いを見てみましょう。

○喫茶店

喫茶店とは、法律的には喫茶店営業許可を取得したお店のことです。
喫茶店営業許可を取得すると、「アルコール以外の飲み物」と「店内調理を必要としない茶菓」の提供ができます。たとえば飲み物としてコーヒー・紅茶・ジュース類、茶菓としてトーストやケーキを出すお店は喫茶店です。

○純喫茶

純喫茶とは、メニューがコーヒー専門のラインナップであり、純粋にコーヒーを楽しんでもらうための喫茶店です。
法律的には喫茶店と純喫茶の区別はないものの、レトロな雰囲気のお店であることを示す名称として使用されています。純喫茶はコーヒー豆の銘柄・種類にこだわりを持っていることが特徴です。

○カフェ

カフェとは、法律的には飲食店営業許可を取得したお店のことです。
飲食店営業許可を取得した場合は、喫茶店営業許可とは異なり、「アルコールを含む飲み物」と「店内調理した食品類」が提供できます。

ただし、上記はあくまでも法律的な名称の定義であり、事業者が取得した営業許可を店名に反映させなくても問題はありません。店名は喫茶店であっても、飲食店営業許可を取得することで、カフェと同様に店内調理した料理を出すことができます。

 

2.喫茶店の開業に必要な資格・申請

喫茶店は食品を扱ったり、火を使ったりする業種であるため、開業するためにはさまざまな資格・申請が必要となります。取得しているとサービスに幅が出せる資格もあるため、開業を目指している人は取得を検討してみましょう。

以下では喫茶店の開業に必要な資格や、具体的な取得・申請方法について解説します。

 

2-1.食品衛生責任者

食品衛生責任者は、喫茶店を開業する上で必須となる資格です。
食品衛生責任者の役割は、施設における食品衛生上の管理運営を行うことであり、飲食業では施設に食品衛生責任者を1名以上置くことが義務づけられています。

出典:一般社団法人東京都食品衛生協会「食品衛生責任者養成講習会」

食品衛生責任者は、食品衛生責任者養成講習会を受講することで取得が可能です。受講にかかる費用は1万円程度となっています。

出典:一般社団法人東京都食品衛生協会「受講要領」

テストも行われるものの難易度は低いため、きちんと学習することで問題なく取得が可能です。

 

2-2.防火管理者

30人以上が収容できる喫茶店をオープンする際は、防火管理者の選任・届け出が必要です。防火管理者の選任は、以下の要件を満たす人物であることが求められます。

  1. ①防火管理が行える管理的・監督的地位にある
  2. ②防火管理を遂行するために必要な知識・技能を有している

出典:一般財団法人 日本防火・防災協会「防火管理講習」

②の要件を満たすためには、市町村の消防長や法人が実施する防火管理講習を受講する必要があります。
防火管理講習の費用・日程は実施団体によって異なるため、受講を検討している人は事前確認しておきましょう。

 

2-3.菓子製造業許可申請

喫茶店の店内でケーキや焼き菓子などを製造する場合は、保健所で菓子製造業許可申請の届出を行いましょう。
菓子製造業許可申請は、次に挙げる3つの書類を提出する必要があります。

書類名 説明
営業許可申請書菓子製造業について許可申請を届け出る書類
施設の大要・配置図製造施設の設備や間取りを記入する書類
製造工程表菓子の製造工程を示す書類

出典:東京都福祉保健局「新たに食品に関する営業を始められる皆さんへー食品関係営業許可申請の手引ー」

提出した書類は、後日の立入検査で使用されることもあるため、正確に記入しましょう。

また、菓子製造業許可申請を行う際は、申請者氏名・住所などが確認できる書類の提示と、申請手数料も必要です。

 

2-4.飲食店営業許可申請

喫茶店で手作りの料理やアルコール類などを提供したい場合は、保健所で飲食店営業許可申請を行わなければなりません。
飲食店営業許可申請で提出する書類は、下記の通りです。

  • 営業許可申請書
  • 施設の大要・配置図
  • 登記事項証明書(法人の場合)
  • 水質検査成績書(貯水槽使用水・井戸水使用の場合)
  • 食品衛生責任者資格を証明するもの

出典:食品営業はじめてナビ「営業許可を取得するための流れ(一般営業)」

上記に加えて、許可申請手数料もかかります。許可申請手数料は地域によって金額が異なるため、開業するエリアの保健所に事前相談しておきましょう。

 

2-5.その他おすすめの資格

喫茶店の開業に必須ではないものの、お客さんにアピールできる以下の免許・資格を取得しておくこともおすすめです。

○調理師免許

料理について知識・技術があることを示す資格です。
調理師免許を取得していると、食品衛生責任者を取得する際に講習会を受けずに済むメリットもあります。

○コーヒーインストラクター検定

コーヒーの知識・技術が備わっていることを示す認定資格です。
資格は3級・2級・1級・コーヒー鑑定士の4段階があります。

○JBAバリスタライセンス

日本バリスタ協会が開催する、バリスタとしての知識・技術を示す認定資格です。
資格はレベル1~3があり、受講を通してエスプレッソコーヒーの抽出について学べます。

 

3.喫茶店の開業に必要な費用相場

喫茶店の開業に必要な費用相場は、約500万~800万円が目安とされています。
開業する際にかかる費用項目と各費用相場は、下記の通りです。

費用項目 費用相場
物件取得費約100万~300万円
内装工事費・設計費約10万~50万円
設備費用約100万~200万円
備品費用約30万~50万円
広告宣伝費約10万~30万円
雑費約5万~10万円
仕入れ費用約30万~50万円
運転資金約100万~300万円

ただし、上記の費用相場はあくまでも目安です。店舗内装工事をDIYで済ませたり、使える設備がある居抜き物件を利用したりなど、工夫次第で資金調達の目安額を抑えられます。

まずは開業したい喫茶店について、必要な各費用をおおまかに計算してみてください。

 

4.喫茶店の経営を成功させるためのポイント2つ

自分の喫茶店を持ちたい人は、開業後の店舗経営を成功させることもしっかりと考えておきましょう。喫茶店の経営を成功させるためには、お店の魅力を作ることと、お客さんを集めることが欠かせません。

最後に、喫茶店の経営を成功させるためのポイント2つを紹介します。

 

4-1.コンセプトや目標を明確にする

喫茶店の売上を伸ばすためには、お店のコンセプトを明確にしましょう。「上質な豆を揃え、注文を受けてから焙煎する」など、お客さんに魅力を感じてもらうことがコンセプト作りのコツです。

ただし、近隣にある競合店とコンセプトが被ると、お店の売りとしては弱くなります。まずは競合店の調査を行ってから、店づくりにおけるコンセプトを立ててください。

また、月間・年間の収益について目標を設定することも大切です。設定した目標額と開業後の収益額を比較することで、経営安定化のために必要な客単価・利益率が把握でき、ビジネス戦略が立てやすくなります。

 

4-2.広告やSNSを活用して集客する

経営成功のためには、広告やSNSを活用して集客することが大切です。魅力的な喫茶店をオープンしても、お客さんにお店の存在を知ってもらわなければ売上には繋がりません。

とくにSNSの活用は、新規顧客の獲得から口コミによる認知度向上、リピート客獲得など大きな集客効果が期待できます。自分で気軽に投稿できるため、費用を抑えたい場合は積極的に利用しましょう。

開業前にあらかじめ集客しておくことが、開業後の安定した売上に繋がります。喫茶店の経営を成功させるためにも、集客は忘れず行ってください。

 

まとめ

喫茶店と純喫茶・カフェは、厳密にはそれぞれ異なる営業形態のお店です。しかし、お店の名称はどれを使っても問題ないため、コンセプトに合った名称を使いましょう。

喫茶店を開業するためには、食品衛生責任者と飲食店営業許可または喫茶店営業許可が必須です。お店の規模や提供メニューによっては必要な資格・申請が増えます。

喫茶店の開業に必要な費用相場は約500万~800万円です。開業する際は資金面のやりくりはもちろん、開業後の経営を成功させることも考えておきましょう。
コンセプトや目標を明確にして、広告・SNSを活用して集客することが、喫茶店経営を成功させるためのコツです。