PageTop
マーケティング活⽤サロン【エルシャーム】

マーケティング活⽤サロン【エルシャーム】

373 view 自動ツール 集客 自宅サロン
公開日: 2020.12.23 最終更新日: 2021/02/26

自宅サロンにおける集客のポイント4つ|おすすめの集客方法8つも

自宅サロンにおける集客のポイント4つ|おすすめの集客方法8つも

近年、副業の容認やリモートワークの推進など、働き方の多様化が進んでいます。
中には、自分の「好き」「得意」「経験」を活かした自宅サロンを経営する方もいるでしょう。

一方で、「自サロンを認識してもらえない」「顧客集めが難しい」と悩んでいるオーナーも多いのではないでしょうか。

この記事では、自宅サロンに集客するためのポイント・おすすめの集客方法とそのメリット・デメリットについて解説します。
経営する自宅サロンに合った効率的な集客方法・集客ツールを選び、人気のある自宅サロンを目指しましょう。

インスタマーケティングツール

 

1.自宅サロンに集客するためのポイント4つ

自宅サロンで起業する場合、「開業コストを抑えられる」「通勤時間をゼロにできる」など、様々なメリットがあります。
自分の都合に合わせて仕事ができるという自由度の高さから、子育て中の主婦やオフの日を利用したい会社員なども副業感覚で実践しやすいでしょう。

一方で、自宅サロンでのビジネスは「宣伝費が限られている」「住宅街の中心にあるためお客様に認知されにくい」など、集客が難しいというデメリットもあります。
テナントのサロンと比較すると、自宅サロンは集客のハードルが高い傾向です。

自宅サロンに効率良くお客様を集めるためには、一般のサロンと差別化し、自宅サロンならではの特徴を打ち出す必要があります。
自宅サロンの集客を増やすために押さえるべき差別化ポイントを知り、戦略的に集客を行いましょう。

 

1-1.ターゲット層を明確にする

自宅サロンは集客が難しいことから、できるだけ多くの方に来てもらおうとして、ターゲット層を広く定める傾向が多くあります。

しかし、ターゲット層を広くするだけではお客様は集まりません。

ターゲット層の広い「誰でも入りやすいサロン」を好むお客様も一定数いますが、多くの方がネームバリューの高い大手のサロンを選ぶ傾向にあります。
大手志向のお客様に、認知度が低い自宅サロンを選んでもらうことは至難の業でしょう。

自宅サロンで効率良く集客を行うためには、全年齢層をターゲットとするのではなく、ターゲットをあえて明確にすることが重要です。
次の項目について明確にイメージし、ターゲットとなるお客様像を考えましょう。

■ターゲットとなるお客様像をイメージする際のポイント

  • 性別
  • 職業
  • 家族構成
  • 休みの過ごし方
  • 性格
  • ファッションの傾向

イメージしたお客様の心に響くようなメニューやコース、商品を考えることで、自然と他の店舗との差別化を図ることができます。

 

1-2.自サロンの情報を詳しく開示する

自宅サロンは自宅の一部を活用しているため、「通勤時間がかからない」「家賃などのコストを削減できる」といったメリットがあります。
一方で、プライベートな空間と自宅サロンが同じ所在地である場合、宣伝で住所を開示することに抵抗を感じる方も珍しくないでしょう。

自宅サロンの住所を伏せて宣伝を行うことも可能ですが、多くのお客様は住所が明示されていない場所に行くことを躊躇するため、集客力が低下する傾向にあります。
そのため、自宅サロンの住所はできる限り開示しましょう。

詳しい住所を開示したくない場合は、自宅サロンの最寄り駅や近隣のランドマークからのアクセス方法を詳細に説明することがおすすめです。

■掲載するといい情報

  • 自宅サロンの外観、内観
  • 経営者・施術者のプロフィール
  • メニューと価格

自宅サロンの詳しい情報を掲載することで、新規客も安心して予約できるでしょう。

 

1-3.地域に密着したサービスを行う

自宅サロンの場合、お客様の多くは近隣の方々であるケースがほとんどです。
大手のサロンとの差別化を図るためにも、まずは地域に密着した経営を心がけましょう。

地域に密着するためには、地域の方々との交流を持つことが重要です。
ブースを出せるイベントに参加したり、公民館などを活用して体験イベントや講座を開いたりと、地域の方々と交流する機会やコミュニティを積極的に利用しましょう。

地域のカフェやお店などを客として利用してコミュニケーションをとり、地域の方と仲良くなることも大切です。
地域の方と親しくなれば、自サロンのチラシを置かせてもらえたり、紹介をしてもらえたりすることがあります。

地域に密着する努力を怠らず、近所の方々との人脈を積極的に構築することで、自宅サロンの認知度がアップするでしょう。

 

1-4.自宅の内装にこだわる

自宅サロンは居住空間である自宅の一部を利用するため、施術スペースに生活感が出る恐れがあります。
自宅サロンを訪れる多くの方は、生活感があふれる「日常」ではなく、「非日常の体験」を求めています。

自宅サロンとして利用するスペースは内装にこだわり、生活感を抑えた内装にするよう心がけましょう。

生活感を抑えるためには、自宅サロンの内装や、使用する家具・道具などに統一感を持たせることが重要です。
自宅サロンのコンセプトに合った内装スタイルを選び、より魅力的な世界観を演出しましょう。

また、お客様が利用するトイレなど、自宅サロンとして利用するスペース以外の部分も気を抜かないことが大切です。

 

2.自宅サロンにおすすめの集客方法8つ|メリット・デメリットも

自宅サロンの集客を増やすためには、自サロンのコンセプトや世界観を、他のサロンと差別化することが大切です。

しかし、自宅サロンは、大手サロンや有名サロンよりも認知度が低いため、他店との差別化を図るだけでは、自宅サロンの集客アップや売上増加に繋げることは困難でしょう。

自宅サロンの集客アップのためには、ターゲットの明確化や内装といった集客ポイントを押さえた上で、自分や地域に合った方法で集客することが重要です。

効率的に自宅サロンへ集客するためには、どのような方法が挙げられるでしょうか。

ここでは、自宅サロンにおすすめの集客方法を8つ紹介します。
それぞれのメリット・デメリット、広告費用などを踏まえ、自分や自宅サロンのある地域に適した集客ツールを選びましょう。

 

2-1.ホームページ

ホームページとは、個人や企業が運営しているWebサイトを指します。
ホームページでは自宅サロンの情報を発信したり、来店の予約受付を行ったり、自宅サロンで扱う商品などのネットショップとして利用したりすることが可能です。

■ホームページを集客ツールとして活用するメリット・デメリット

メリット
  • お客様に安心感を与えることができる
  • 経営者の思いや自サロンの強み、実際のお客様の声などを自由に掲載できる
  • 突然削除されるような事態になりにくく、商用利用禁止などの制限もない
デメリット
  • ホームページ単独では集客しにくい
  • 初期費用がかかることもある

インターネットが普及している現代では、ホームページはお店のパンフレットのような役割も果たしています。
自宅サロンの公式サイトが存在することで、「きちんとした自宅サロンである」と認識されるため、自サロンの信頼性を高めることが可能です。

一方、インターネットの検索だけで自サロンにたどり着くお客様はそれほど多くないため、他の集客ツールと併用することが大切です。
ホームページ作成をプロに依頼する場合は、初期投資が必要なことにも注意しましょう。

 

2-2.ブログ

ブログとは、インターネット上で公開する日記のような媒体です。
ブログを活用すれば、自宅サロンや扱っているサービス・商品の紹介はもちろん、自サロンに関係するお役立ち情報をラフに発信できます。

■ブログを集客ツールとして活用するメリット・デメリット

メリット
  • 無料のサービスも多く、操作も直感的で簡単であるため手軽に始められる
  • コツコツとブログを継続すれば、多くの方に内容を読んでもらえて集客に繋がる
デメリット
  • 商用利用できない場合がある
  • ブログの運営会社によって突然削除される恐れもある

現在では無料で登録できるブログサービスも多く、コストを抑えられるというメリットがあります。
ブログを読むお客様に役に立つ情報を発信することで、自サロンの信頼性を高めることができるでしょう。

ただし、ブログを集客に繋げたい場合、ユーザーに役立つ記事をコツコツ作成しなければならないことに注意が必要です。
また、無料のブログサービスでは商用利用できない場合も多く、規約違反とみなされるとブログ自体が削除されることがあります。

 

2-3.新聞折り込みチラシ

新聞折り込みのチラシも、自宅サロンの集客に有効な方法です。
自サロンのターゲット層の新聞購読率が高いと考えられる場合には、ぜひ検討しましょう。

■新聞折り込みチラシを集客ツールとして活用するメリット・デメリット

メリット
  • 地域で配られる新聞に折り込むことで、自宅サロンのある地域での認知度を高められる
  • 新聞を購読している層が自サロンのターゲット層である場合、効率良く自サロンをアピールできる
デメリット
  • 新聞購読層と自サロンのターゲット層が一致しない場合、集客に繋がらない
  • 新聞購読率が低いエリアでは認知度アップに繋がらない

新聞折り込みチラシの場合、新聞を購読している方に広く自サロンをアピールできるメリットがあります。
反響を高めるためには、新聞折り込みチラシにクーポンを付けることも有効です。

また、新聞折り込みチラシの利用を検討する際には、地域やターゲット層の新聞購読率を事前に調べましょう。

 

2-4.ポスティング

ポスティングとは、各家庭のポストなどにチラシを配布する集客方法です。
自サロンのターゲット層が多く住んでいると思われるエリアに対し、定期的にポスティングを行うことで、集客アップに繋げることができます。

■ポスティングを集客ツールとして活用するメリット・デメリット

メリット
  • 地域の方々のうち、新聞を購読していない方にも自サロンを宣伝できる
  • チラシを配布する地域を細かく指定できる
デメリット
  • 集客に繋げるためには何度もポスティングを行う必要がある
  • 依頼する業者によっては、チラシの作成やポスティングにコストがかかったりトラブルが発生したりする

ポスティングの効果をより高めたい場合は、ターゲット層が「どの地域に」「どのくらい」いるのかを事前に調査することが重要です。
調査結果を分析した上で、配布エリアやチラシの部数を決めるようにしましょう。

また、ポスティング業者とのトラブルを防ぐためには、評判のいい業者を選ぶことがポイントです。

 

2-5.地域情報誌

地域情報誌とは、限定されたエリアで無料配布されていたり、比較的安価で販売されている紙媒体を指します。
地域情報誌に広告を出すことで、地域に住む多くの方に自サロンを知ってもらうことができるでしょう。

■地域情報誌を集客ツールとして活用するメリット・デメリット

メリット
  • 地域密着型の媒体であるため、地域に住む多くの方に自サロンを認知してもらえる
  • 一般的な広告よりもコストを抑えられる
  • 割引クーポンなどを付けやすい
デメリット
  • 地域情報誌の影響力が小さいエリアもある
  • 地域の情報や他の企業・お店などの広告も多く、自宅サロンの広告が埋もれやすい

地域情報誌は配布・販売される地域が限られているため、掲載料を抑えながら、地域住民に効率良くアピールできます。

一方で、広告スペースが小さく情報量が限られるというデメリットがあります。
特典クーポンや、地域情報誌限定オプションなどを活用し、他の広告に埋もれないようにPRしましょう。

 

2-6.看板

自サロンの存在を示したり、行き方を説明したりするために、道路に面した空地などのスペースに看板を出すことも、お客様を増やすために有効な手段の1つです。
自宅サロンを開く場所や環境にもよりますが、看板を活用できる環境がある場合には、ぜひ検討しましょう。

■看板を集客ツールとして活用するメリット・デメリット

メリット
  • 常設できる場合は24時間365日宣伝可能
  • 自宅サロンを見つけやすい
  • 比較的ローコストで作成できる
デメリット
  • 落書きなどのイタズラをされる恐れがある
  • 強風などで看板が飛んで行くリスクがある

お店の前に看板を設置できれば、そこに自宅サロンがあることがわかりやすくなるため、お客様の目に留まりやすくなります。

イタズラや自然災害などのリスクを考え、看板を出したまま放置せず、きちんと管理することも大切です。

 

2-7.ポータルサイト

ポータルサイトとは、各お店の情報・口コミなどをまとめたWebサイトを指します。
例えば、美容院などであれば「ホットペッパービューティー」などが代表的です。

自サロンの種類に応じたポータルサイトを利用し、集客に繋げましょう。

■ポータルサイトを集客ツールとして活用するメリット・デメリット

メリット
  • 予約管理・顧客管理・決済代行など、サービスやサポートが整っている
  • サロンを探している方にピンポイントでアピールできる
デメリット
  • 悪い口コミがつく恐れがある
  • 掲載費用やポータルサイトの会員費がかかる

大手のポータルサイトでは、予約管理や顧客へのメッセージ送付など、自宅サロンを運営する上で必要な機能が整っているケースがほとんどです。
「サロンに行きたい」と明確な目的を持った方に対して、効率良くアプローチできることもポイントです。

一方で、思わぬ悪評がついてしまい、その口コミに集客が左右されるリスクもあります。
表示順位によっては、集客がそれほど見込めないケースもあるため注意しましょう。

 

2-8.SNS

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは、利用者同士がネット上で交流できる会員制のサービスです。
日本では現在、次のようなサービスが主に利用されています。

■日本で利用されている主なSNS

  • インスタグラム(Instagram)
  • フェイスブック(Facebook)
  • ツイッター(Twitter)
  • ライン(LINE)

■SNSを集客ツールとして活用するメリット・デメリット

メリット
  • 無料で始められるため、コストをかけずに手軽に始められる
  • 情報の拡散力が高く、今まで自サロンのことを知らなかった層にも認知してもらえる
デメリット
  • 流行り廃りがある
  • 集客するためには、ある程度のフォロワーが必要

特に、インスタグラムやツイッターは利用者が多く、多くの方に自サロンの情報を見てもらえる可能性があります。

「#自宅サロン」「#自宅ネイル」などのようなハッシュタグを活用し、自宅サロンや美容に興味がある方に見てもらえるような工夫を施しましょう。
拡散力の高いインフルエンサーの目に留まりやすい投稿を行うこともポイントです。

一方で、SNSには流行り廃りがあるため、利用者総数だけでなく、実際に利用しているアクティブユーザーの動向にも注視する必要があります。
また、運用初期はフォロワーが少ないため、継続的な投稿が大切です。

 

3.自宅サロンのSNS集客には「インスタグラム」がおすすめ

自宅サロンの集客方法には様々な方法がある中で、お金をかけずに手軽に始められる「SNS集客」は、サロン経営初心者でも取り組みやすい集客方法の1つです。
SNSで集客を行う際は、利用者数・アクティブユーザー数の多い「インスタグラム」から始めることをおすすめします。

SNSには流行り廃りがあるため、アクティブユーザーの動向をチェックすることは非常に重要です。

インスタグラムは年々アクティブユーザーが増えており、特に10代〜30代の利用率が高いというデータがあります。
50代や60代の利用も増えているため、今後は若年層だけでなく、シニア層の集客も見込めるでしょう。

出典:総務省情報通信政策研究所「令和元年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書<概要>」

ここでは、自宅サロンの集客とインスタグラムの相性がいい理由や、インスタグラムで発信する内容を参考例とともに紹介します。
インスタグラムのアカウントを運用する上で注意すべきポイントもチェックし、より効果的にインスタグラムを活用しましょう。

 

3-1.自宅サロンの集客にインスタグラムの相性がいい理由

インスタグラムは、画像を中心とするSNSであるため、自宅サロンの集客と相性がいいSNSです。

インスタグラムのユーザーは、文字よりも画像を主に見ているため、経営者の魅力や自サロンの雰囲気を視覚に訴えることができます。

さらに、利用したいサービスや購入したい商品の情報をインスタグラムで検索している方が多いという点もポイントです。
インスタグラムでサロンを探す方も多いため、お客様となり得る方に効率良く情報を提供できるでしょう。

 

3-2.インスタグラムの発信内容|参考例3つ

インスタグラムを利用した集客に取り組む際には、発信内容もしっかりと考えましょう。
ここでは、インスタグラムに投稿する内容例を3つ紹介します。

■サービスや施術後の写真

どのような自宅サロンであるかを理解してもらうためには、自サロンで提供しているサービス内容・施術メニューなどが明確にわかる写真を投稿することが重要です。

具体的には、自サロンの内装・使用している道具・接客シーンの写真や・施術後の写真などをアップするといいでしょう。
例えば、自宅でネイルサロンを行う方であれば、ネイル後の画像を投稿することがおすすめです。

■お役立ち情報・ノウハウ

自宅サロンの見込み客に向けて、悩み相談への回答や役に立つ情報・ノウハウを発信することも1つの方法です。

例えばネイルサロンであれば、日々のネイルケアや爪トラブルが起こったときの対処法、季節・パーソナルカラーに合う色選びなどの投稿が挙げられます。
プロとしての知識や技術を活かした情報を発信することで、お客様からの信頼度もアップするでしょう。

■お客様との写真・感想

お客様の同意を得た上で、お客様と撮影した写真を掲載することもおすすめです。
お客様が自宅サロンに来店している証拠となるため、新規のお客様も安心して自宅サロンを予約できます。

また、お客様の写真とともに、自サロンを利用した感想を掲載することも効果的です。
例えば、インパクトのある言葉でスケッチブックなどに感想をまとめてもらい、それをインスタグラムに掲載すれば、ユーザーの印象に残る投稿になるでしょう。

 

3-3.運用初期は「認知度」獲得が大切

インスタグラムでの集客方法を行う場合、運用初期には、自サロンのアカウントをターゲットユーザーに認知させることが重要です。
では、インスタグラムを始めたばかりのアカウントを広く認知してもらうためには、どのような行動をすればいいのでしょうか。

インスタグラムでの認知度を高めるために最も気軽にできる方法は、自分のサロンに興味がありそうなユーザーの投稿に「いいね」を付けることです。

「いいね」を付けられたユーザーは、気になって自宅サロンのアカウントを訪れる傾向にあります。

一方で、サロン経営を行いながら、ターゲットユーザーを探して多くの「いいね」を付けることは簡単なことではありません。

株式会社Refが提供するインスタ集客サービスでは、自サロンのアカウントが投稿している内容に興味を持ちそうな方の投稿に、自動で「いいね」を付けることが可能です。
プロが分析したターゲティングによる「自動いいねツール」を活用してフォロワー数を増やし、新規顧客の獲得や固定客の定着、売上アップに繋げましょう。

 

まとめ

自宅サロンの集客を増やしたいときには、自サロンのターゲットやコンセプトを明確にして、自宅サロンの情報を詳しく開示することが大切です。
また、ターゲット層や地域性に合った集客方法を実践しましょう。

自宅サロンの集客を増やす方法の中でも、最も手軽に始めやすく、自宅サロンの認知度を高めることが期待できる方法は、インスタグラムの運用です。

ユーザーにとって魅力的な情報を発信するとともに、株式会社Refが提供する「自動いいねツール」などを利用してフォロワー数を増やし、自宅サロンの集客に繋げましょう。