PageTop
マーケティング活⽤サロン【エルシャーム】

マーケティング活⽤サロン【エルシャーム】

85 view 集客
公開日: 2021.01.26 最終更新日: 2021/02/26

店舗集客にはMEO対策が効果的!実施する方法とポイントを解説

店舗集客にはMEO対策が効果的!実施する方法とポイントを解説

オンラインで店舗集客を行う方法として、MEO対策を実施してみたいと考えている経営者も多いのではないでしょうか。MEO対策は競合の店舗に先駆けて実施することで、より有利に集客数を増やせる施策です。

当記事では、MEO対策の概要や、店舗集客でMEO対策を実施する4つのメリット、MEO対策を実施する方法について解説します。ポイントを押さえたMEO対策により効果的に集客をしたい経営者や、マーケティング担当者はぜひ参考にしてください。

インスタマーケティングツール

 

1.MEO対策とは

MEO対策とは「Map Engine Optimization」の頭文字をとった略称で、主にGoogleマップの上位に自店舗の情報が掲載されるようにする対策を指します。

スマートフォンが普及した近年では、飲食店や美容サロン、医療機関などの店舗型サービスを探す際にWeb上で情報収集をすることが一般的となりました。しかし、自店舗の情報をWeb上に掲載していない場合、店舗型サービスを探しているユーザーから見つけてもらえません。

そこで、MEO対策によってターゲット地域の地図上に自店舗の情報を載せることが重要となります。

 

1-1.MEOとSEOの違い

MEOとSEOは似た名前のオンライン集客施策ですが、行う内容や目的は別です。SEOは「Search Engine Optimization」の頭文字をとった略称で、検索エンジンの上位にWebサイトが表示されるように最適化することを表します。

MEOがGoogleマップなどの地図エンジン上で自店舗の情報を表示させることに対して、SEOでは検索結果画面に自店舗のWebサイトを表示させることが狙いです。

また、MEO対策ではGoogleマイビジネスと呼ばれるサービスを利用しますが、SEO対策では自店舗のWebサイトに含まれるコンテンツを充実させることが主な施策となります。

 

2.店舗集客でMEO対策を実施するメリット

店舗集客でMEO対策を実施するメリットは、導入コストの低さや集客面における効果など様々です。MEO対策によって得られる効果について把握することで、MEOを店舗集客に活かす方法が分かります。

MEO対策の実施により得られる具体的なメリットや効果は次の通りです。

 

2-1.導入コストが低く済む

MEO対策は低コストからでも実施できることがメリットとなっています。MEO対策に必要なGoogleマイビジネスへの登録は無料です。また、Googleマップ上に自店舗の情報が表示された場合にも、広告掲載料などのコストは発生しません。

店舗を経営しているビジネスオーナーであれば、自社サイトを持っていなくてもMEO対策が始められます。

 

2-2.来店意欲の高いユーザーに露出できる

MEO対策を実施すれば、来店意欲の高いユーザーを対象に自店舗の情報を露出することが可能です。

MEO対策では、地域名を含めたキーワードで検索しているユーザーや、自店舗に近い場所からスマートフォンで検索しているユーザーにリーチできます。これらの行動をとっているユーザーは、良さそうな店が見つかればすぐに行きたいと考えていることが一般的です。

意欲の高いユーザーに自店舗の情報を表示し、興味を持ってもらうことができれば、新規顧客の獲得に繋がる可能性が高くなります。

 

2-3.目立つ場所に表示できる

Googleの検索エンジンは、地域名を含めたキーワードで検索した場合、検索結果画面の目立つ場所にGoogleマップの情報を表示する仕組みです。

地域名を含めたキーワードによる検索は「ローカル検索」と呼ばれます。ローカル検索の結果画面では、通常のWebサイトよりも高い検索上位にGoogleマップの情報が表示されることが一般的です。

検索エンジンのユーザーは画面に表示されている情報を上から順にチェックする傾向があります。そのため、MEO対策でGoogleマップの上位に自店舗の情報を掲載できれば、より多くのユーザーから閲覧してもらうことが可能です。

 

2-4.媒体に依存せずに集客できる

MEO対策に成功すれば、各業界の情報をまとめて掲載するポータルサイトのような媒体に依存せず集客ができます。

飲食店や美容サロンなどの店舗型ビジネスでは、大手の媒体に広告掲載料を払うことで、自店舗のWebサイトにアクセスを集めることが一般的です。しかし、自店舗の情報を他店よりも目立つ位置に掲載してもらうためには、媒体に対してより高額な利用料を支払う必要があります。

一方、MEO対策で自店舗の情報をGoogleマップの上位に掲載する場合、媒体などの仲介業者とのやり取りや広告費の支払いは不要です。

 

3.店舗集客のためにMEO対策を実施する方法

MEO対策を実施する基本的な手順として、次の3つがあげられます。

(1)Googleマイビジネスに登録し情報を記入する
MEO対策を開始する際は、まずGoogleマイビジネスへのアカウント登録を行いましょう。Googleアカウントを作成したうえで、Googleマイビジネスのログイン画面にアクセスしてください。

画面に表示される案内に従って、店舗名や企業所在地の住所、業種名などのビジネス情報を入力します。Googleマイビジネスへの登録が初めての場合は、ハガキによる店舗の所在確認が必要です。

Googleマイビジネスの登録が完了したら、店舗の基本情報や写真、動画を設定しましょう。

(2)インターネット上での情報量を増やす
MEO対策を行う際は、自店舗のWebサイトやSNSのアカウントなど、インターネット上での情報量を増やすことが重要です。Googleマップ上以外にも、自店舗に関する情報ができる限り多く公開されている状態を目指しましょう。

(3)ユーザーの口コミ・評価を増やす
Googleマイビジネスでは、ユーザーから投稿された自店舗の口コミや評価が掲載されます。口コミが多いほどMEO対策が有利となり、上位表示が可能です。

 

4.店舗集客におけるMEO対策のポイント

MEO対策では、検索ユーザーにとってより多くの有益な情報を与えている店舗が有利となります。そのため、Googleマイビジネスに登録するだけでなく、登録後に情報を充実させることがMEO対策のポイントです。

最後に、MEO対策を実施する際に押さえるべき3つのポイントについて解説します。

 

4-1.正確な情報を登録する

店舗型ビジネスのMEO対策における1つ目のポイントは、正確な情報を登録することです。実店舗の名称、住所、電話番号は正確に登録しましょう。

特に、実店舗の名称については、表記まで含めて統一することが重要です。たとえば「株式会社」という表記の有無や、英数字の全角半角などの違いが異なるだけで、別の情報として認識されてしまいます。

実店舗の情報とGoogleマイビジネス上の情報を統一するだけでなく、自店舗のWebサイトやSNSアカウントなど、インターネット上で公開するすべての登録情報を適切に管理してください。

 

4-2.登録する写真を充実させる

店舗型ビジネスのMEO対策における2つ目のポイントは、Googleマイビジネスに登録する写真を充実させることです。Googleマイビジネスに写真を登録しなかった場合、地図上で自店舗と無関係な写真が表示される可能性があります。

ただし、Googleマイビジネスに登録した写真のうち、どの画像が地図上に表示されるかは選択できません。そのため、実店舗の分かりやすい外観写真や内観写真、サービス内容が一目で分かるような見栄えの良い写真を、可能な限り多く登録しておくことがポイントとなります。

 

4-3.口コミに対して適切な返信を行う

店舗型ビジネスのMEO対策における3つ目のポイントは、ユーザーから投稿された自店舗に対する口コミに適切な返信を行うことです。

ユーザーからの口コミには、良い口コミと悪い口コミの両方が掲載されます。良い口コミは集客にとって良い影響がありますが、悪い口コミは検索ユーザーに悪い印象を与えるため、早めの対処が必要です。

悪い口コミに対しても、ユーザーの心情を汲んだ誠実な返信をすれば、好感度を回復できます。また、口コミへの返信によってGoogleマイビジネス上における自店舗の情報量が増えることは、MEO対策に効果的です。定期的に口コミをチェックして、自店舗の良さが伝わるような返信を行いましょう。

 

まとめ

MEO対策によってGoogleマップの上位に自店舗の情報を掲載できれば、高い集客効果を得ることが可能です。MEO対策は導入コストの低さや、媒体に依存せず集客できることなどがメリットとなっています。

店舗集客のためにMEO対策を実施する際は、Googleマイビジネスへの登録が必要です。また、自店舗に関する情報の記載や、口コミ・評価を増やすなどの最適化施策も重要となります。

店舗型ビジネスを運営している経営者は、当記事で紹介したポイントに注意してMEO対策をしてみてはいかがでしょうか。