PageTop
マーケティング活⽤サロン【エルシャーム】

マーケティング活⽤サロン【エルシャーム】

491 view 集客
公開日: 2021.02.18 最終更新日: 2021/02/26

Webによる店舗集客の方法5選!成功させるポイントとは

Webによる店舗集客の方法5選!成功させるポイントとは

インターネットの使用が日常的となっている現在、飲食店や美容室、エステサロンを含むさまざまな店舗の集客は、Webによるものが基本的です。Webによる店舗集客にはさまざまな手法があるため、自店舗にあった施策を行うことが重要です。

そこで今回は、Webによる店舗集客が効果的な理由や具体的な方法、メリット・デメリットを踏まえたWeb集客の注意点について解説します。店舗ビジネスを運営する経営者の方や、広報担当者の方はぜひ参考にしてください。

インスタマーケティングツール

 

1.Webによる店舗集客が効果的な2つの理由

まずは、Webによる店舗集客が効果的と言われる理由を2つ、下記に解説します。

○お店探しに「ネット検索」が主流となっているため

スマートフォンの普及に伴って、行きたい店を探す際はネット検索を活用することが一般的となりました。最近では、検索エンジンだけでなく、SNSや地図ツールなどを使ったお店探しも可能です。

Webによる店舗集客を行えば、ネット検索を行っているユーザーに対して、自店の存在を認知させることができます。

○「O2Oツール」の活用が広まってきたため

O2Oとは、「Online to Offline」の頭文字をとった略語です。ネットやアプリを通じたオンライン施策と、実店舗でのオフライン施策を組み合わせたマーケティングがO2Oと呼ばれます。

オンラインで配布したクーポンなどをきっかけとして、実店舗への来店を促すことがO2Oの一例です。また、実店舗に来店した顧客に対して、自社が運営するECサイト上での商品購入を勧めることもO2Oに含まれます。

最近では、店舗経営に導入しやすいO2Oツールも増加しました。顧客側もO2Oツールの利用に慣れてきているため、お互いにメリットを感じながら、売上をより効率的に伸ばすことが可能です。

 

2.Webを活用した店舗集客の方法5選

Webを活用した集客にはさまざまな手法があります。Webによる新規顧客の獲得に取り組む場合、手法による特徴の違いを把握し、正しい手順で実施することが重要です。

次に、Webを活用した店舗集客として、最低限行うべき5つの方法を紹介します。まだ自店舗で取り組んでいない手法があれば、積極的に活用しましょう。

 

2-1.【専門ポータルサイト】店舗情報を載せる

Webを活用した店舗集客法の1つ目は、専門ポータルサイトに自店の店舗情報を載せることです。

ポータルサイトとは、ある業種に特化して店舗情報をまとめている媒体で、顧客は自分の希望条件にあった店舗を探せます。自店の業種にあった専門ポータルサイトに情報を掲載すれば、自店の情報をより多くの潜在顧客に認識してもらうことが可能です。

一般的な専門ポータルサイトでは、ポータルサイト上から来店予約を受け付ける機能や、広告によって自店の情報をより目立たせるプランなどが用意されています。

 

2-2.【ホームページ】SEO対策で上位表示を目指す

Webを活用した店舗集客法の2つ目は、SEO対策によって自店のホームページを検索エンジンの上位に表示させることです。

SEOとは「Search Engine Optimization」の頭文字をとった略称で、日本語では検索エンジン最適化と訳されます。SEO対策を行えば、ネット上であるキーワードが検索された際により目立つ位置に自店のホームページを表示させ、アクセスを集めることが可能です。

単純にホームページを作っただけでは、検索ユーザーの目に触れる機会はありません。検索順位を高めることで、多くの人からホームページの存在を認知してもらうことができます。

SEO対策の具体的な方法には、質の高いコンテンツの量を充実させたり、ホームページ内部の構造を最適化したりすることが挙げられます。成果を出すためには、ある程度の知識量と労力が必要となるでしょう。

 

2-3.【SNS】店舗の最新情報を発信する

Webを活用した店舗集客法の3つ目は、SNSアカウントを作って店舗の最新情報を発信することです。

SNSで日々の最新情報を発信すれば、サービス内容や店舗・スタッフの雰囲気を多くの人に知ってもらえます。頻繁に情報発信をしつつ、顧客とのコミュニケーションも活発に行うことができれば、まだお店に訪れたことのないユーザーからも信頼感を持ってもらうことが可能です。

また、店舗で行っている季節ごとのイベントや最新メニューを発信すれば、既存顧客のリピートにもつながります。

SNSなら文章だけでなく、写真や動画も簡単にアップできます。SNSの種類によってユーザー層や拡散されやすいコンテンツが異なるため、自店のターゲットにあわせてSNS運用を行いましょう。

 

2-4.【Googleマイビジネス】店舗情報を登録する

Webを活用した店舗集客法の4つ目は、Googleマイビジネスに店舗情報を登録することです。

Googleマイビジネスに店舗情報を登録すると、ローカル検索が行われた際にGoogleが提供する地図サービス上に自店の情報を表示できます。

ローカル検索とは、地名を含むキーワードが検索された場合などに、一般的なホームページよりも地図サービスの情報を優先して表示させる仕組みです。ローカル検索で上位表示されることで、より多くのアクセスが集められます。

また、ローカル検索を行うユーザーは、比較的来店意欲が高い傾向です。そのため、まずはGoogleマイビジネスに店舗情報を登録し、情報量を充実させたうえで、見込み度の高いユーザーに自店の情報をアピールしましょう。

 

2-5.【Web広告】期間限定キャンペーンを宣伝する

Webを活用した店舗集客法の5つ目は、Web広告を活用することです。

Web広告には、検索結果の最上部に表示できる「リスティング広告」や、他社のサイト上にある広告枠に表示できる「ディスプレイ広告」、さらにYouTube動画に表示できる「動画広告」などがあります。

Web広告はターゲットとなるユーザーに対して、自店の情報を宣伝することが可能です。期間限定キャンペーンをWeb広告で宣伝すれば、より高い集客効果が見込めます。

多くのWeb広告は、広告がクリックされるたびに数十円から数百円の広告コストがかかる仕組みです。少ない予算でも広告運用ができる点も、Web広告の魅力だと言えます。

 

3.Webで店舗集客を図る際のポイント

Webを活用したマーケティング手法は効果が高い反面、方法を誤ると炎上のリスクがある点がデメリットです。

また、炎上を避けること以外にもWeb集客の注意点が存在します。メリット・デメリットの両方を把握したうえで、Webによる店舗集客を実施しましょう。

最後に、Webで店舗集客を図る際に注意しておくべきポイントを2つ紹介します。

 

3-1.クリーンなブランドイメージを守る

Webで店舗集客を図る際は、クリーンなブランドイメージを守ることが重要です。ユーザーから反感を買うような情報や、競合他店を貶めるような情報は、発信するべきではありません。

また、過激な内容だけに限らず、ブランドイメージに合わないような投稿にも注意が必要です。自店のブランドイメージを把握したうえで、注意深くプロモーションを行いましょう。

万が一、自店のブランドイメージが崩れるような炎上が起きてしまった場合は、誠実な対応が重要です。

 

3-2.オフラインによる宣伝も一緒に行う

Webで店舗集客を図る際は、オフラインによる宣伝も同時に行うと相乗効果が得られます。自店舗の商圏内でビラを配ったり、人通りの多い場所にポスターを貼ったりすれば、集客効果を高めることが可能です。

ビラやチラシには単に店舗の情報を書くだけでなく、初回限定クーポンを付けるなど来店のきっかけづくりを行いましょう。

また、オンラインをきっかけとして自店に訪れる人が迷わないよう、わかりやすい看板を店外に設置することも重要です。どのようなお客さんも気持ち良くお店に訪れてもらえるよう、多方面に気を遣いましょう。

 

まとめ

ネット検索によるお店探しが主流となった現在では、店舗ビジネスの顧客獲得にWebを活用することが効果的です。

専門ポータルサイトに情報を載せたり、ホームページを検索エンジンの上位に表示させたりすることで、Webから店舗への集客ができます。また、SNS活用やGoogleマイビジネスへの登録、Web広告なども有効な集客方法です。

オフラインの宣伝とWebのプロモーションを連動させればさらに効果的です。ただし、Webの活用には炎上のリスクもあるため、クリーンなブランドイメージを守りましょう。

ここまでの内容を参考に、ぜひWebによる店舗集客を成功させてください。